ギャラリー

焼締六角鉢、粉引銘々皿、織部向付

何と言っても穴窯による六角鉢の焼き上がりが美しい。

作者